ベンチャー若手が知っておきたいお金の流れ

ベンチャー企業においてできる限り経営視点を持つことは自分の成長や裁量、自由を得るために非常に重要なことだと思う。

その第一歩としての「お金の流れ」の超基本的なことを備忘録がてら綴ります。

 

まず知っておいて欲しいキーワード

1.キャッシュフロー
「現金の流れ」のこと。
実際に得られた収入から、外部への支出を差し引いて手元に残る資金の流れ。

 

2.黒字倒産
利益をあげている黒字状態にも関わらず支払いなどが滞り倒産すること。

 

3.固定費と変動費
固定費:基本的に毎月、年ごとなど定期的に固定でかかる費用のこと。家賃や人件費など。
変動費:月や年によって変動する費用のこと。広告費や開発費など。

 

4.ストック収益とフロー(ショット)収益
ストック収益:サービスや商品の継続的な提供に対して、定期的に定額で金銭を受け取る収益
フロー収益:サービスや商品を提供するたびに金銭を受け取る収益


急成長企業が気をつけないといけない「キャッシュフロー

では本題へ。

 

支払いと入金
会社のお金の流れには基本的に2つで「支払い(=支出)」と「入金(=収入」。
ここで大事なのは、基本的に「支払いが先に来て入金が後に来る」ということ。
自分の収入とクレジットカードの逆だと思ってもらえれば分かりやすいかな。

事業においてお客さんからの入金はだいたい受注の次月末以降になるので、
受注してから大体1〜2ヶ月くらいのタイムラグがあるって感じ。

 

倒産する企業の50%以上が黒字

gentosha-go.com


企業は赤字によって倒産すると思われがちだが、実は40%以上が増収を維持していた企業で、そして50%以上が黒字の状態で倒産している(らしい)。
要はどんなに会社が利益をあげていても現金が不足すれば倒産するわけだ。

 

急成長企業に起こるキャッシュフロー危機
そしてベンチャー企業(急成長企業)は特に気をつけないといけない。

例えば(売上ベースで)
11月実績=500万円→12月末入金
12月実績=800万円→1月末入金
1月目標=1,200万円
2月目標=1,600万円
とした場合、
1月=500万円の売上で1,200万円の売上を出すための入金
2月=800万円の収入で1.600万円の売上を出すための入金
をことになる(ちょっと分かりづらいかな?)。


1月の1,200万円の売上を出すには、例えば外注費の支払いやWebマーケの広告費が大幅に増えることになる。
当然人も増やさないといけないので人件費も増える。
それを二月前の11月にあげた売上(=利益)から賄わないといけない。
大きな売上を作るためにはその分のお金(=支出)が必要であり、それらを賄うのは自分達がほぼ2ヶ月前にあげた収入から、ということだ。
当然、大きな幅で成長したい企業はそれではお金が足りないに決まってる。

 

だからお金を貸してもらう
じゃあこの足りない分をどうしよう、ということでお金を借りる。
ただ当然、貸してとお願いして1億円貸してくれるみたいなことはまずない。
過去の実績(=計画達成度や売上規模)を元に融資を受けることができる。

(VCとかだとまたちょっと違った基準だったりするけど)
そして事業計画はその融資を計算してたてていて、売上目標を達成できなかった場合、融資額が想定より下がりキャッシュフローが圧迫される危機的状況に陥る。

だから計画とか目標って夢じゃなくてクリアしないといけないハードルなんだよね。
あと事業計画は融資先との「約束」でもあるので守れなかった場合はどんどん信頼が失われていき、借入額が少なくなっていく可能性もある。
まぁ計画よりショートした分だけそもそもの支出が落ちるから、ダイレクトにキャッシュフローに影響して借り入れを行っても足りない、という状況になるんだけどね。


黒字倒産をしないために必要なこと

計画通りの売上をあげる
収入をそもそも確保することが一番大事。これによって融資の額も変わるので。

固定費を必要以上に膨らませない
固定費って簡単に減らせないんだよね。多くの企業が移転や採用に慎重になる理由。

ストック収益も増やしていく
ストック収益は月によって変動しないのでヨミをたてやすく、融資先からの評価も高い。

まとめ
会社は儲かっていても倒産することがある
そのためには計画の達成が重要


おまけ

何故会社は金儲けをする必要があるのか
金儲け=悪、という感覚が強い人が結構いる。
だけど会社が金儲け(=利益をあげる)をするのにはちゃんと理由がある。
会社はそれぞれ「社会をどう良くしていきたいのか」という目的を持って存在してて、そのために社会に対する価値や影響力をどんどん大きくしていく必要がある。
社会へ価値を提供する(利益を得る)→投資する→より大きな価値を社会へ提供する(より大きな利益を得る)→また投資する→....
この繰り返しで会社は目的へ近づいていく。
お金を稼いでまた投資して、を繰り返して大きくなっていく感じ。
逆に目的なく金を稼ぐ会社なんて泥棒と一緒かもしれないよね。
(お金もらえてる時点で一定の社会への価値提供はあるんだけどね)
そしてその社会への価値提供を継続していく(=働いている人や取引先が活動を続ける)ためにも利益が必要なわけですね。
つまりお金を稼ぐってのはあくまで会社の目的達成のための手段ってことだね。

 

ベンチャーにいると色々な情報に触れる機会があって混乱することも多いと思うけど、せっかくなので成長機会と捉えて楽しんで学んでいくのがいいと思います。

 

でもたまに疲れるので、時にはビールのんで早く寝ましょう。

業績は全てを癒し、七難隠す

ベンチャー企業にいると、大きい会社よりも業績がいい時と悪い時を経験する機会が多い。(気がする)

 

当たり前だけど、業績がよくなると雰囲気がよくなって逆も然り。

今回はいい時悪い時にどうするべきか、というお話。

 

業績が悪い時

業績が悪い度合いにもよるけれど、キャッシュフローがまずいなレベルの業績悪化は会社に対してかなり大きな影を落とすことになる。

よくある流れとしては

1.経営者の余裕がなくなる

2.現場の至らないところに目がいくようになる

3.そこにばかりアプローチするようになる

4.現場が疲弊する、不満を持つ

5.とにかく目標の乖離を埋めようとパワーマネジメントが始まる

6.経営と現場、上司と部下などの間に溝が生まれる

7.信頼関係や心理的安全性が壊れ、パフォーマンスが下がる

8.業績も伸びず、退職者も増えていく

 

ここで大事なのは

別に誰かが悪いわけじゃない

ということ。

計画通りの業績をあげられなかったのは経営計画の甘さだったかもしれないし、

現場の判断や行動が至らなかったせいかもしれない。

でも総じて誰か1人のせいで業績悪化なんてことはまずない。

まずは会社全体のせいである、と考えること、そして何より

全員が自分にも原因があるという感覚を持って改善にあたること

が大事だと思う。

人のせいにしたって解決はどんどん遠のくだけなので、

まずは自分がどうするか、そこに全員が向き合うべきだと思う。

 

また、経営とそれ以外という分け方をして考えてみる。

経営者は業績の悪い時に孤独になりやすい。

お金がなくなる=会社が潰れる=従業員の生活を守れない=自分の家族も...

といった具合に様々な背負ったものに追い込まれることになる。

これは体験した人にしか分からない緊張感としんどさだと思うし、

わざわざこれをメンバーに言おうと思う人も少ないと思う。

実際に言ってみて人が離れていくんじゃないかという不安もきっとある。

現場は現場でパワーマネジメントが強くなっていくので疲れていく。

そして自分がしたことの結果が出なけりゃ自信もなくなっていく。

そうなりゃ誰でも言い訳したくなって、やりたくないとかあいつが嫌いだからとか適当な理由を脳みそが勝手に用意することになる。

 

僕は正直業績が悪化した時のベストプラクティスは持っていないけど、

両者がどんな想いを持ってこの局面に向かっているのか、

を理解することで解決することがたくさんあると思う。

それに業績悪化の時には会社の課題が浮き彫りになるので、

嫌でもそれを解決することになる。

それを乗り越えた時の個人の成長はハンパないし、

会社として圧倒的に強くなるチャンスでもある。

 

いざ直面した時に自分も自信はないけれど、

業績悪化はお互いをよく理解し成長するチャンスだと思う。

 

業績は全てを癒す

さて、雰囲気の悪かった会社がある日突然いい雰囲気になることがある。

そう、業績があがると会社の雰囲気は一気によくなるのである。

いままでいがみあっていた2人が手を取ったり、若手がやる気に満ちていたり

ポジティブなアウトプットや未来の話なんかが飛び交うようになる。

「いい会社だな」と思えるタイミングがどんどん増えていく。

 

ただ、業績好調を理由に回復した雰囲気は業績によって壊れるのである。

そして、業績は七難を隠す。

業績は七難を隠す

業績がいい時に怖いのがこれ。

業績は無条件に会社をいい雰囲気にしてしまう。

実態のない会社でも儲かっていたら自動的にいい会社になってしまうのである。

そしてこれは経営者やマネジメント層なら重々理解しているのにも関わらず

多くの人が調子に乗ってしまうのである。

課題は見過ごされ、そもそも課題を見つけようとする人口も減る。

そしてそのままの状態が続く、と誰しもが錯覚してしまうのである。

そして業績が悪化した時に、課題が噴出し最悪の事態に直面するのである。

 

業績がいい時にこそ次の一手

業績の波を何度か経験している人は、業績がいい時に何をすべきかを理解している。

業績がいい時にしかできないことがたくさんあるということだ。

例えば育成なんかが最たる例であり、余裕がない時に育成には力を入れられない。

新規事業なんかもそう。お金と心に余裕がなければ手を出せない。

まとめると、業績のいい時にできる限り、中長期の業績にヒットする取り組みを行っておかなければならない。

惚れ惚れとする業績を眺めている場合ではなく、

次の業績悪化を招かぬように全力で未来の業績を作らなければならない。

 

 

僕は何度も何度もこの業績の波を経験しているのにも関わらず、

今だに業績がよければ調子にのってしまうし、悪化すると気分が落ちてしまう。

戒めとして書いたが、ぜひ会社を前に進めたい人にこの記事が役に立てば嬉しい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コミュ障営業マンが経営企画室で独立するまで

いま28才で、去年から経営企画室の請負で独立しました。

振り返ると今の仕事をするまでに色々あったなと思ったので備忘録がてら書きます。

 

新卒でバリバリの営業会社へ就職

まず説明しておくと、僕はコミュ力が圧倒的に低かったわけですね。

初対面の人と話すなんてマジで無理だったし、電話とかも超苦手。

ナンパとかだって今でもできないし、今でも人と話すことに不安があるくらい。

 

ただその時僕は強烈にコミュ力に憧れていて、これがないと社会で生きていけないと思った。

なのでコミュ力克服のために営業をしようと思い、激しめの営業会社に入りました。

研修では飛び込み営業なんかもやるくらいのとこ。

法人営業だったけど勿論テレアポしないと商談はとれない。

 

結論、コミュ力同士の戦場。あえなく撤退です。

教訓:苦手を仕事にしようとすんな、舐めるなよ

(当たり前です、バカだったんです)

 

ただ営業は本当に経験してよかった。

お金を稼ぐことの大変さ、コミュ力の改善などなど。

会社にはほとんど何も返せなかったけど....ごめんなさい

 

1年でWebベンチャーへ転職

さてここで改めて何をしよう、と思っても営業経験者が受けられる転職先ってだいたい営業なんですよね。

何よりたった1年でやめてるわけだから相手から信頼を得づらいったりゃそらもう。

しかもコミュ障なんですから面接も苦手中の苦手なわけですよ

でもそんな中である1つの会社が、未経験でWebマーケ職で採用してくれました。

 

ベンチャーだったので最初から大きな広告費のかかるWeb広告運用を任せてもらって、

広告管理画面に張り付いて、HTMLいじったり画像加工したりツール入れたりスプレッドシートいじりまくったりと、もうとにかく何でもやりましたね。

おそらくここの仕事が僕の社会人の基礎を作っていると思う。

自分のアイデアが形になったりお金になったり手痛く失敗したり。

しんどかったけどいろんなことを学べた。

 

ただここでも後半に成果が出せなくなっていき、とあるミスで完全に落ちる。

300万くらいの損失だったかな....(本当にごめんなさい)

コミュ力が低い1つの要因になっているメンタルの不安定さがここで炸裂。

この会社にいても迷惑をかけるだけだ、と思い辞職の意向を伝えると

「他の部署に異動してみなよ、IT部門とかはどう?」とのお声が。

結果的に3年間働いたこの会社は超絶いい人たちの集まりで、この後なんども人生を救ってもらうことになります。

 

結果を出せずエンジニアへ転向

さて、またしても未経験部門への転向。

最初はPC関連の簡単なセットアップから、徐々にエンジニアっぽい仕事へ。

iOSアプリ開発の講座を会社のお金で行かせてもらいつつ、

企画したiOSアプリの開発に着手、も頓挫。これも自分のせいなんだけど...

社内ポータルの制作を行いつつ自分の中で迷いが芽生えていき

「結局この会社に何か返せたっけ、このままだとぶらさがってるだけでは?」

と思っていると今度はなんと社長から

「経営企画室という部署で人が欲しい。異動してみないか。」

今思うとこれがそれまでと今の道を大きく分ける分岐点だった。

社長、本当にありがとうございます。

 

経営企画室へ異動

この時なぜ異動させてくれたのかは実は明確に聞いてないんだけど、

おそらく当時の上司と社長が自分にチャンスを与えてくれたんだと思う。

 

が、結論でいうとこの半年後に辞めます。

振り返ってみたら人の恩を仇で返し続けてる奴だな....と自分でも思います。

(いつか恩返ししますすみません)

 

経営企画室では社長と近いこともあって、とにかく目線が全社に向くようになった。

特に当時は組織関連の課題が多く、組織を扱う仕事をたくさんやった。

マネージャー陣と会話する機会も多いし、外部のコンサルの人とも接しなきゃいけない

現場を巻き込まないと前に進まないこともほとんどで、当時部下のインターンもいたのでそのメンバーの成長速度をマックスにしないといけない。

難しい課題にたくさん直面してたくさんの人からの信頼を失って(実際には自分がそう思っていただけだった)たくさん失敗して、それでも進まないといけないから進むみたいな毎日だった。

結果的にあまりにも自分の仕事がうまく回せず周りに迷惑をかけているという確信を持って退職を決意した。

この時は正直今まででいちばん悔しくて、いつか返したいと思っていた恩を返せないまま辞めるのは絶対に違うと思っていたけど、もうそんなことも考えていられないくらい暗い気持ちになってしまっていて(多分営業と2部署の失敗体験に引っ張られながら)、ごめんなさいと伝えて辞めました。

やめるとき、最後の納会で優秀社員賞に選ばれて少しでも返せたのだろうかと思って思わず号泣してしまった。

改めて

こうた、しんさん、しもさん、木村さん、飯田さん、世一さん

本当にありがとうございました、皆さんのおかげで自分は今も生きています。

 

転職先を絞りきれず複業〜フリーランス

ここで一旦休憩を取ることになります。

自分が社会に役に立てることって何だろう、と

本当にやりたいこと、送りたい人生は何だろうと考え始めるのはその後。

 

この時、経営企画室という経験でいくつかの会社にいいお話をもらえました。

でも僕はやっぱりどうしても自信がなくて、せっかく採用してもらったのに結果を出せずまた辞めてしまう流れはもう嫌だ、と。

なのでとりあえずインターンみたいな形で最初働かせてください、というお願いをして回ってみた。

すると以外とこれがするするっとうまくいき、いくつかの会社に業務委託で入ることになる。

これは運が良くて、経営企画室という部署に1人張るにはもう少し売上が必要だけど、実際前に倒さないといけない仕事もある。という会社が実際結構あってそこにするっと入れた感じだった。

そこからは経営企画室の業務をフリーランスとして受けるようになっていった。

というのが今までの流れです。

 

逃げや流れに塗れたキャリアで人に話すのは本当に恥ずかしいけれど、

人に恵まれて今の自分があります。

これから先は恩返しのターンに入りたい、マジで。

 

今の会社や仕事で悩んでいる人がいたとしても僕は的確なアドバイスができないけれど、こんな人間でも今はなんとなく人の役にたてている感覚は持ててます。

 

ただ、こんなしょーもないキャリアを積んだからこそ人の話を聞くことはできると思っています。

悩んだり迷ったり、息をしづらくなっちゃったり、追い詰められてしまったり

仕事にポジティブな感情を持てていない人はぜひ一度お話しましょう。

コーヒーくらいだったら奢れるかなぁ。

 

いや、酒飲みたいな。飲みにいきましょう。

 

研修って実際効果あるの?という疑問と仮説

よく企業が新卒に行う研修とか、マネージャーに育成するための研修とかやることがあるけど

どうも研修についての情報が世の中には全然ないなぁと感じてる。

 

まぁどこも研修の内容は秘密にしたい(真似されたくない)だろうし、

実際ネタバレすると効果が薄くなる研修も多数存在する。

 

自分は受けたことも実施したこともあるのだけど、結論

研修には一定の効果を期待できる

と思う。

 

詳しくは後で書きます

経営者の気持ちなんて一生分からない

よく「経営者目線を持て」って感じの話を聞くけれど、

究極無理だなって思う。近づけはするけど。

 

経営企画室で仕事をしてると、結構な頻度で経営者と優先順位の認識がずれることがある。そんでもって特に違うのは「お金」の感覚。

 

ある経営者に相談したら「給与を支払う側にしか見えない景色があるからね」とのこと。自分の財布かそうじゃないか、そういうことなのかもしれない。

 

ちょっと話がそれるけど。

スタートアップやベンチャーの経営者がポケットマネーで資金面の危機をクリアするってのは割とよくあることだと思ってて、そういうのって従業員は知らなかったりする。

家族もいるのに平気で貯金切り崩して数百万とか突っ込んだりしてる。

それで従業員に給料あげてくれって言われてるの見るとおお大変だな...と思ったりもする。

まぁ見えてないだけから誰が悪いとかじゃないんだけど。

 

会社は儲かっていても倒産するということも知らない人も多いよね。

キャッシュが足りなくて黒字倒産が起きることは全社会人、とくにスタートアップやベンチャーのメンバーは全員知っててもいい現実かもしれない。

 

営業もマーケもエンジニアも経験した自分からするといろんな部署のやんごとなき事情やそれぞれの主張は痛いほど伝わってくるし、一方で経営企画室としては代表の危機感も普段から浴びている。

 

会社として、組織として、危機感の共有は大事な要素だと思っていて

最近とくに組織マネジメントにおいて課題だなぁと感じることが多い。

 

強い組織ってなんだろうなぁ。

 

 

経営企画室ってなんだろう?

僕はもう経営企画室という仕事をし始めてから丸2年たつんですが

いまだに人に「どんな仕事」なのかをうまく説明できない。

週に1回くらいGoogleで検索してみるんだけど、だいたいこんな答えが返ってくる。

 

①中期経営計画・ビジョンの策定、設定、管理
②単年度予算の編成・管理
③特命プロジェクト推進

経営企画部門の実態|日本総研

 

そんで今のところ自分が考えているのはこんな感じ

 

1.未来/夢の見える化/具体化

2.そこまでの計画策定と実行

 

あれ、ほぼ全部じゃん?

 

会社によって、フェーズによってどこに業務が偏るかは変わってくるけれど、

基本的に守備範囲は会社にまつわるほとんど全て、ということになる。

 

だから経営企画室にとって何よりも重要なのは

・優先順位の判断

になってくるのかなと思う。

 

じゃあ優先順位ってどうやって決めるんだろう。

優先順位って要は意思決定だから、必要なのは多分

 

1.判断基準

2.選択肢

3.判断材料

 

だと思う。

 

1.判断基準

これは目的意識とかって言い換えてもいいと思う。

今会社として何を目指しているとか、何を課題と捉えるか、とか。

 

2.選択肢

これは例えば今計画を練り直すべきなのか運用を改善すべきなのかとか、

選べる選択肢を手元に並べること。

 

3.判断材料

キャッシュがやばいという情報があれば選ぶべき選択肢は変わるし、

組織状態が最悪なのであればそこの優先順位があがるかもしれない。

要は会社についての情報をしっかり把握しておくことだと思う。

 

全てが100%揃うことは基本的にないんだけど、

この3つを常に意識して優先順位をつけないといけない。

 

 

今の自分で言えば会社のお金周りについて圧倒的に情報を掴みに行かないといけなくて、そこが曖昧だと優先順位づけを大きく間違ってしまうと思う。

お金がないのに採用とか広告費使いまくったらやばいしね。

(そんなに単純な話でもないんだけど)

 

繰り返すけど、経営企画室の仕事ってあえて言い切ると、

「優先順位を見極めて全部やる」ことなんだと思う。

 

まだまだキャリアが短いので感覚は変わってくるのかもしれないけど

とりあえずしばらくは情報のキャッチアップに全力を尽くそう。

報連相って必要?

社会人になったばっかの時に超うるさく

報連相が大事」「報連相しろ」「ほうれんそうほうれんそう!!」

って言われてたのを最近思い出した。

まじでくっそうっとおしかった。

 

でも今は力強く言える。

「重要」です。超重要。うるさく言うわそりゃ。

 

でも大事なのは報連相は「上司のため」にするものではないっす。

自分のために報連相うまくやろうね、というお話。

 

ほうれんそう、ってなんでしたっけ?

わかりやすのでこのサイトから引用

「報告」

報告とは、基本的に上司から部下への命令に対して、部下が業務や作業の経過や結果を知らせることです。逐一報告すると、作業に対する上司からの評価や必要な場面での判断、意思決定を伺えます。

「連絡」

連絡とは、関係者に、簡単な業務・作業情報を知らせることです。自分の意見や憶測は入れず、あくまでも事実を伝えることが求められます。また、報告と違い、上司や部下に関わらず、誰もが発信側にも受信側にもなります。

「相談」

相談とは、仕事において判断に迷った時や自分の意見を聴いてほしい時に、上司や先輩、同僚に参考意見を聞くことです。その結果、早急な問題解決につながります。

liskul.com

 

報告と連絡がごっちゃになりやすいんだけど、

基本的に

報告=進捗、経過、結果

連絡=事柄、事実、情報

相談=疑問、迷い、悩み

みたいな切り分けのイメージです。個人の見解。

 

 

上司はしろしろうるさいけれど

まぁ社会人なら誰でも報連相だいじって聞いたことあると思うんだよね。

よくある重要性としてはこんなかんじ。

報連相はなぜ重要なのか

ビジネスを一人で行っている場合を除いて、ビジネスにおけるコミュニケーションは、ほぼ報連相で成り立っています。
チームでビジネスを行っている場合、意思疎通は非常に重要です。意思疎通ができていないとトラブルの原因になりますし、ビジネスのスピードも遅くなります。
では、報連相を怠ると何が起こるのでしょうか。

business_sabori.gif仕事はチームで行うことが多いため、関係者も複数人になることが多いでしょう。
そして、計画はそれぞれの関係者が計画どおりに仕事を進める前提で立てられています。
そのため、何かのトラブルがあるなどして計画どおり進まないことがわかった時点で報連相を行わないと、対策を打つことができません。
対策を打てば、事故やクレームなどトラブルの発生や採算性の悪化などの対応を行え、マイナスの結果を避けられる可能性が高まります。

ferret-plus.com

 

まぁ確かにね、って思うけど

実際くそめんどくさくない!?

いやいやいや、大事なのは分かる、分かるんだけど、ぶっちゃけ上司の安心のためってのがでかくない?

ていうかそもそも忘れちゃうんだよね大事だってわかってても

むしろそんなに大事?報連相ってなんか俺に得ある?

 

 

みたいに、思ってたわけですよ。

でもね、やっていくうちに本当の価値に気づいちゃったんですよ。

 

報連相をすると仕事が面白くなる

え〜そんなわけ、と思ったそこのあなた。

確かにちょっと誇張した表現なのであれなんだけども

実際報連相するとコスト以上にリターンが大きいんだよね。

 

1.効率と品質が本当に大幅にアップする

 

2.逆に仕事の自由度が増す

 

3.よって評価されるし自分も楽しくなる/成長する

 

詳細はまた後日。